BIMオペレーターとは?仕事内容や将来性について

       
公開日:2023/11/15   最終更新日:2023/12/14

BIMオペレーターとは、建築業界において不可欠な専門家です。建築設計から施工、維持管理に至るまでのプロセスを3次元モデルで構築・統合し、プロジェクトの効率化と品質向上を図ります。この記事では、BIMオペレーターの仕事内容や将来性について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

BIM(Building Information Modeling)とは?

BIMの特徴は、設計段階から建築物のあらゆる情報を3次元でモデリングする点にあります。設計者は実際の建物に近い形でデザインや構造を検討でき、さまざまなシミュレーションを行うことが可能です。また、建築に必要な資材の強度やコスト、建築基準に関する計算などもこのモデル内で行えるので、計画段階の精度が飛躍的に向上します。

BIMオペレーターの役割と重要性

BIMを扱う専門家、すなわちBIMオペレーターは、設計者の指示に基づいてこれらの3次元モデルを作成・修正します。従来の2次元製図に代わり、よりリアルで詳細な3次元の建築モデルを構築できるのです。

BIMソフトウェアの多様性

市場には多種多様なBIMソフトウェアが存在し、それぞれに独自の特徴があります。たとえば、建築に特化したCADソフトArchicadは、ほかのフォーマットとの互換性が高いのが特徴です。

一方で、GLOOBEはGoogle Earthにデータを出力できる利点があり、さらにAutodesk Revitは同じファイルを複数のユーザーで共有しながら作業できます。これらのソフトウェアは、それぞれ特定のニーズやプロジェクトの要件に合わせて選ばれるのです。

BIMオペレーターの仕事内容

BIMオペレーターの役割は、単に3次元モデリングを行うだけに留まらず、建築プロジェクトの核心部分に深く関与することです。ここでは、BIMオペレーターの仕事内容と重要性を詳しく掘り下げます。

BIMオペレーターの基本的な役割

BIMオペレーターは、建築物の設計、構造、設備、施工、管理に必要な全ての情報を、3次元のモデルに統合する責任を担います。従来のCADオペレーターと比較して、より複雑で多岐にわたる業務を行うのです。たとえば、建築用データのライブラリー作成や、部材の登録、管理などがその一例です。

BIMオペレーターの高度な機能と責任

BIMオペレーターは、建物の企画段階からBIMを活用する場合、建築基準に関する計算、日影計算、天空率の算出など、CADでは行えない高度な機能を駆使することもあります。建築プロジェクトのコスト、効率、安全性に大きな影響を与えるため、非常に重要です。

また、設計段階を終えたあとも施工管理やコスト管理など、プロジェクトの進行に不可欠な業務を担当し、プロジェクトの成功に大きく貢献します。また、BIMソフトウェアは多くの場合、複数人での編集が可能であるため、チームワークも求められます。

初心者BIMオペレーターの仕事内容

初心者のBIMオペレーターの場合、図面のトレースや3Dコンテンツの作成など、比較的単純な業務からスタートすることが一般的です。しかし、経験を積むにつれて、より専門的かつ複雑な業務に関わる機会が増えます。

今後もBIMオペレーターはますます需要がある

建築業界において、BIMオペレーターの需要は今後も高まることが予想されます。ここでは、BIMオペレーターへの需要が増加している背景と、今後の展望について解説しましょう。

BIM技術の急速な進展と業界への影響

現在、建築業界ではBIMの導入が急速に進んでいます。BIMは建築物の設計、施工、管理を一元化する技術で、プロジェクトの効率化と品質向上に大きく貢献しています。国土交通省も公共事業におけるBIM化を推進しており、業界全体でのBIMの導入が加速しています。

とくに、大規模プロジェクトだけでなく、中小規模のプロジェクトにもBIMの導入が広がっているため、BIMに精通した人材が急務となっています。しかし、現状ではBIMオペレーターの供給が需要に追いついていないのが現実です。

主要なBIMソフトウェアスキルをもつ人材の不足

とくに、RevitやArchicadといった主要なBIMソフトウェアを扱える人材は常に不足しています。これらのソフトウェアはBIMプロジェクトにおいて中核的な役割を果たすため、これらを熟知しているオペレーターは非常に価値が高いとされています。今後もBIMオペレーターへの需要は増え続けるでしょう。

また、BIM技術の発展に伴い、オペレーターはより複雑で専門的な業務を担うことになるため、継続的な学習とスキルのアップグレードが求められます。さらに、BIMの導入が進むにつれて、新しいソフトウェアや技術が開発されることも予想されるため、BIMオペレーターは新しい技術に対応する能力も重要です。

まとめ

BIMの進展に伴い、建築業界におけるBIMオペレーターの需要は今後も増加する見込みです。3次元モデリングを基盤とした技術は、設計から施工、維持管理に至るまでのプロセスを効率化し、品質を向上させます。

BIMオペレーターは、従来のCADを超える複雑な業務を担い、建築基準計算や日影計算など高度な機能を駆使します。国土交通省の公共事業におけるBIM化推進政策も需要を後押ししており、とくにRevitやArchicadなどの主要BIMソフトウェアの熟練者は常に足りていません。

技術の発展に対応するためには、継続的な学習とスキルアップが不可欠であり、BIMオペレーターの役割は業界の未来を形作る重要なものとなります。

               

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

派遣社員として転職する人のなかには「3年ルール」について考慮する人もいらっしゃるでしょう。派遣の3年ルールとは、同じ職場で派遣社員が働く期間を制限するためのルールです。しかし、実は例外的に3

続きを読む

設計職は創造性と技術力を駆使し、建築物の外観から構造、設備に至るまでを総合的にデザインする仕事です。アイデアを現実に変える喜びや、未来を形作る挑戦がありながらも、人間関係の複雑さや継続的な学

続きを読む

派遣社員の給与体系は正社員とは異なり、年次昇給の概念がないため、給与アップのためには積極的な交渉が必要となります。この記事では、派遣社員として給与アップを目指す際の交渉方法やコツ、給与アップ

続きを読む