派遣社員だと給与アップは難しい?給与アップの交渉の方法・コツは?

       

公開日:2024/03/15  最終更新日:2024/03/01

派遣社員の給与体系は正社員とは異なり、年次昇給の概念がないため、給与アップのためには積極的な交渉が必要となります。この記事では、派遣社員として給与アップを目指す際の交渉方法やコツ、給与アップのための武器、誰にどのタイミングで交渉すべきかを紹介します。交渉に迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

「時給を上げてほしいな」と思ったら自分から動いてみよう

派遣社員でも、適切な方法を採用すれば時給の上昇は実現可能です。通常、派遣社員には年次昇給のシステムがないため、自身のスキルや経験をもとに派遣もとの担当者と単価交渉することが昇給の鍵となります。派遣社員のスキル向上は派遣会社にとってもメリットが大きく、派遣社員の時給アップにつながる可能性があります。ここでは、時給アップのためのポイントと、どれくらい時給を上げられるのかを紹介します。

️単価交渉のポイント

単価交渉の成功のためには、以下の3つの重要なポイントがあります。

ひとつ目は、人手不足のタイミングを見極めることです。労働力不足を抱える企業は、派遣社員の価値を高く評価し、単価交渉に前向きに応じる可能性が高まります。

ふたつ目は、上長とのコミュニケーションです。自分から積極的にコミュニケーションを図り、自分の仕事ぶりをアピールすることで、昇給の機会を増やせます。

3点目は、魅力的な人材を演じることです。積極的な仕事の取り組みと、優れた職務遂行能力を示すことで、昇給の可能性を高めます。昇給の実現には、待っているだけでは不十分です。普段の業務態度、契約内容以上の働き、そして派遣先企業からの評価が重要となります。

適切なタイミングで派遣会社に交渉することも、昇給達成の重要なステップです。

️昇給可能な時給額

派遣社員の時給アップの幅は一般的に10〜50円程度であり、月間収入に与える影響はさまざまです。昇給の交渉に成功するためには、日々の業務での積極的な姿勢と卓越した職務遂行が必要不可欠です。また、派遣社員としての昇給は、同一労働同一賃金の原則により、正社員とは異なるプロセスを要しますが、昇給の可能性は十分にあるといえます。

時給アップに必要な交渉の材料

時給アップを目指すことは簡単ではない目標ですが、成功の鍵は適切な交渉材料の提示にあります。ここでは、時給アップに必要な交渉の材料を紹介します。

️他社との給与差を示す

派遣社員が時給アップを目指す際、同じ職場で働く他社の派遣社員との給与差を明確に示すことが重要です。他の社員と比較することは、自身の時給が業界標準や同僚に比べて不公平であることを派遣会社に理解してもらうための有効な手段です。また、他社の派遣社員がより高い報酬を得ている事実を派遣会社に提示することで、自社の競争力を維持するためにも時給の見直しを促すことが可能となります

️資格とスキル

派遣社員が時給アップを交渉する際には、自身が持つ資格やスキル、そしてこれまでに蓄積した実務経験を積極的にアピールすることが求められます。とくに、派遣先企業の業務に直接関連する資格やスキルは、時給交渉の重要な材料となります

資格取得やスキルアップによって自身の価値が高まっていることを証明し、能力向上に見合った報酬を得るために交渉しましょう。

誰に・いつ交渉すればいいの?

派遣社員にとって給与アップは挑戦的な目標ですが、正しいタイミングと戦略をもてば可能です。ここでは、給与アップを交渉するにあたり、効果的なタイミングと交渉相手を紹介します。

️交渉のタイミング

最も効果的なタイミングは契約更新の時期です。派遣会社の担当者との会話が自然に実施され、条件の見直しがしやすい環境が整っています。

また、勤続1年以上経過してから交渉することも一般的です。1年間の勤務を通じて、職場での自己の価値を証明し、実績や成果を示せます。ただし、特筆すべき成果がある場合は、1年未満でも交渉しても良いといえます。

さらに、契約前の時給交渉も効果的です。派遣会社と派遣先企業の間で待遇面に余地が存在することが多く、適切なタイミングで交渉することで、望む条件を獲得できます。また、資格の取得後は、スキルアップをアピールする絶好のチャンスです。

加えて、契約内容と実際の業務内容が異なる場合や、より高度な業務を求められた際も、交渉のタイミングとして最適です。何かの節目に交渉することは、派遣社員としてのあなたの価値を高め、時給アップの交渉を有利に進める機会となります。

️交渉相手

重要なのは、交渉相手としては派遣先の上司ではなく、派遣会社の担当者を選ぶことです。時給の決定は派遣会社がするため、適切なタイミングで担当者にアプローチすることが重要です。

まとめ

派遣社員が給与アップを目指すには、積極的な交渉が必要です。交渉の際のポイントは、労働力不足のタイミングの見極め、上長とのコミュニケーション、そして自身の価値を高めることです。時給アップの交渉材料としては、他社との給与差や自身の資格・スキルが重要となります。交渉は主に契約更新時期や勤続1年以上経過後、資格取得後、または業務内容が変化した際に行いましょう。交渉相手は派遣先の上司ではなく、派遣会社の担当者であることが肝心です。積極的な姿勢と職務遂行が必要であり、時給アップの幅は一般的に10〜50円程度です。派遣社員としての給与アップは挑戦的ですが、適切な戦略とタイミングをもてば可能となります。

               

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

派遣社員の給与体系は正社員とは異なり、年次昇給の概念がないため、給与アップのためには積極的な交渉が必要となります。この記事では、派遣社員として給与アップを目指す際の交渉方法やコツ、給与アップ

続きを読む

建築関係の仕事に就く際には、ポートフォリオの作成が欠かせません。ポートフォリオは、転職や就職活動をする際に重要なものですが、ポートフォリオとはなにか理解していない方もいるのではないでしょうか

続きを読む

建築業界におけるBIMオペレーターとCADオペレーターの役割は一見似ているように思えますが、実は、業務内容、使用するツール、果たす役割には大きな違いがあります。この記事では、BIMオペレータ

続きを読む

意匠設計とは、どのような仕事のことをいうのかご存じでしょうか。名前は聞いたことあっても、具体的な仕事内容を理解していない方も多いでしょう。この記事では、意匠設計の仕事内容や、必要なスキルや資

続きを読む

BIMオペレーターとは、建築業界において不可欠な専門家です。建築設計から施工、維持管理に至るまでのプロセスを3次元モデルで構築・統合し、プロジェクトの効率化と品質向上を図ります。この記事では

続きを読む

進学や就職を機に上京しようと考える方は少なくありません。東京は人口が集中していることから、多種多様な就職先があります。 東京での生活に憧れをもつ方も多いでしょう。同じ職業であっても、勤務地が

続きを読む

転職活動を経験したことがある人であれば、必ずと言っていいほど目にしたことがある非公開求人。これは一般的に広く公開される求人ではありませんが、特定の人にとっては非常に魅力的な求人情報を多く提供

続きを読む

今回の記事では、建築業界でのホワイト企業の探し方について解説しています。競争率は上がりますが、長く働きたいのであれば、ぜひホワイト企業に絞って会社を探してみてください。また、会社を決める際に

続きを読む

建築設計の仕事といえば、建築主からの要望ヒアリングや作成した図面のプレゼンテーション、行政提出書類の作成、監理業務など非常に幅広いですが、建築設計の仕事に従事すると最初はどのような仕事を行う

続きを読む

働き方改革がなかなか進まない建築業界のなかで、施工管理技士の仕事内容が、ワークライフバランスが取れない、転勤や出張が多いなどの理由でキャリアチェンジを考えている人が少なくありません。ここでは

続きを読む